2019年09月15日

子どもたちの教育環境、学校生活を破壊する奈良県政を考える県民集会が開かれました

奈良教育会館で高校問題を考えるシンポジウムが開かれて参加しました。
奈良高校や、平城高校の関係者、県立高校卒業生、教師、地域住民など様々なたち場の方が参加していただき充実した会議となりました。
昨年9月に多くの反対世論を押し切って県立高校削減再編にかかる条例が可決して1年。
奈良高校の耐震化問題が2001・11.30 柿本知事の時代から耐震診断で改築を要する建物に該当と報告されていました。。●平城高校3学年そろって最後の文化祭が新聞報道された。みんな残してほしいと思っているが言えない雰囲気。●奈良高校も子供たちは残してほしいから立ち上がろうとしたが抑えられ言い出せなかった。
●奈良高校の体育館でやっていたクラブが耐震不足で使用中止となり廃部の危機を迎えている。1年生が城内校舎だったため、奈良校舎の部活を見に来る機会もなく新入生が入ってこないなど大変な状況。●大雨の時、グランドに建てられたプレハブ校舎、グランドの水はけが悪く、先生が大雨の中ベンチを運んで子どもはベンチを渡って避難。プレハブは暑いのでクーラーの温度を上げたら電源不足で切れてしまった。
●中学生の保護者は、近くの登美ヶ丘が国際高校になると聞いて説明会にいったがよくわからないことばかりで、うちの子がどこに行けばいいかわからない。●卒業生からは3年間の大事な時期の部活や文化祭が思い切りできないのはおかしい。教育費は未来への投資。ずさんな計画で再編していいのか。
●このまま消化不良で高校再編を進めればその反発は、こんな奈良県には戻りたくないになってしまう。
条例が可決されて1年。まだやれることはあります。
奈良高校の体育館は木質ドーム型の全員が入れないものではなく今の体育館の耐震補強するだけで、部活の日替わりメニュー解消や体育の授業、全校が集まる催しなどができます。
posted by みっちゃん at 06:04| Comment(0) | 日記

2019年09月13日

西の京高校を訪問

今日は全駅一斉宣伝雨のため中止。
西の京高校を訪問させていただきました。女性の校長先生です。
たんぽぽの家が近くにあり、タンポポには何度か行かせていただきましたが西の京高校は初めて伺いました。
狭い道路を抜けると丘の上に立つ学校。昨年40周年を迎え人口急増期に建てた学校としては比較的古い学校です。
1年8クラス。うち1クラスが地域創生科ということです。残りは普通科です。地域とのつながりが深く、生徒たちが近くの乾川の水質調査を行い、清掃したらもっときれいになるのではと提案。それが地域の取り組みになっているそうです。
兄弟で来る生徒さんが多いそうです。
地元自治会の祭りに参加したり、燈花会のプレ企画を地域の祭りにという提案など。ボランティアも活発です。
西の京高校は県立大学付属高校になる予定ですが、どんな学校かがわかればもっと地域の皆さんに広げられるといわれていました。
昨年の進路では進学がほとんどですが県立大は0.学校の距離からすれば県立大学とは離れていてどのような交流になるのかは未定です.ICTを活用していく方向が先日の協議会で示されていました。
8クラスというのは先生の配置などからしてもぎりぎりで、9クラスになれば養護教諭の複数性なども可能になります。
入り口には歴史を紡ぎ未来へ繋げ奇跡のバトンという、40周年の時のスローガンが。新たな学校になってもこれまで培ってきた良さを引き継いでほしいといわれていました。
証明玄関横には古代の住居跡の小山があり、子どもたちがそのうえでお弁当を食べたり活用されています。西の京で周辺は唐招提寺や薬師寺などがある歴史のある地域でした。

請願の趣旨説明の件で、昭和の時代には請願者の趣旨説明がありましたが平成では0だったとのこと。
説明をしたいとの意思がわかるように、文書で提出することを確認しました。





posted by みっちゃん at 15:28| Comment(0) | 日記

2019年09月12日

登美ヶ丘高校を訪問 

来年から国際高校として生徒募集予定の登美ヶ丘高校にいってきました。
学園前駅から車を走らせましたが、都会という雰囲気。
おしゃれなお店を通り抜けると怒の上に学校がありました。この間いろいろな高校を見てきましたが、新しいきれいな学校の印象。
突然の訪問にもかかわらず、お話を聞かせていただきました。
高校再編で登美ヶ丘高校という名前も変わるため、入学者が減ると思っていたら今年は240名募集に300人が受験、1クラス10名が不合格でした。現在は6クラス全て普通科、来年の1年生から国際課に変わり将来はバカロニアを目指します。新しい学校で施設もwifi 環境が整い、周囲は先端技術院大学や国会図書館もある所。地元に愛されていて登美ヶ丘の名前がなくなることが残念です。国際バカロレアは国語以外は皆英語で授業。先生がいるか心配します。奈良市内から普通科が減少することは中学生や関係者の大きな不安。私学で他府県に行けば卒業後奈良に戻ってくる子どもが減ってしまいます。本当に再編するならお金をかけて教育の条件を保証することが必要です。

県で予算委員会の準備。調査など。
中央卸売市場の説明を聞かせていただきました。前の議会で、停電問題が発生した時卸売市場の冷蔵庫の電源の自家発電があるのかを質問して、ついていないことが判明しました。私は県民の台所である施設だからきちんとすべきといっていましたが、新しい計画では自家発電がついた冷凍施設ができる計画だということです。

自衛隊募集問題、自治体関係者を集めて県が呼びかけて説明会が行われていることがわかりました。

農業振興ゾーンの農地集約化問題で集約の面積が10ヘクタールが地元負担なしの条件ですが奈良のような小規模のところの実態に合わないため規制緩和を要望してほしいことを近畿ブロックに申し入れました。

posted by みっちゃん at 19:56| Comment(0) | 日記

2019年09月11日

きょうから県議会が開会

早朝宣伝、五位堂駅で八尾議員と。高校問題の集会のチラシを配布しました。
とにかく猛暑が続いています、台風15号が直撃した千葉県では42万戸が停電。水道もストップ、
マンションの6階に住む人はエレベーターも止まって水を何度も運んで足がパンパンと言われていました。コンビニにも商品がなくなって。同じ日本の国内なのに何かできないかと、地元の共産党の議員が充電ができる場所を一覧にして情報発信していました。高齢の方は熱中症で死亡。
テレビは内閣改造ばかり。東京電力は復旧が遅れますとお詫び会見。 
これ以上の犠牲者を出さないためにも国は緊急対策をするべきです。

日べと議連の役員会。12月2日に県議会で学習会をすることが決まりました。

きょうから開会。
奈良高校の体育館問題でオンブズマンが知事に公開質問状を提出したと記者会見。
高校問題で請願も提出されました。
14日には高校問題など奈良県政を考える県民集会が開かれます。
そんな時に飛び込んできた、男子高校生15歳が近鉄奈良線で電車に飛び込み自殺のニュース。ショックでした。何があったかわかりませんが生きていてほしかった。

いつもお世話になっていた職員さんが治療のためお休みするとご挨拶に来られました。
生きることに懸命に頑張っているいのち。病気に負けずに頑張ってほしいですね。

まだまだこれからの若者が大切な命をなぜ絶たなくてはならなかったのか。与えられたかけがえのない命が最後まで使いきれるように。県政の役割は重大です。

posted by みっちゃん at 22:26| Comment(0) | 日記

2019年09月10日

各派代表者会議 南部東部対策特別委員会

各派代表者会議
関西広域連合の報告があり何か意見はと聞かれたので「学校給食のパンの小麦が奈良県は輸入小麦が多く、滋賀県は地元100%。地産地消を幅を広げて関西広域連合として安心な食材調達の仕組みができないか。」と要望しておきました。
また先日の障害フォーラムで、参加された県民から県会議員さんがたくさん来ていたが途中で退席する人が多いといわれた。多くの県民が注目しているので、事情があれば屋無負えないがきちんと学ぶようにするべきと意見を出しておきました。

請願の手続きに関して事務局に問い合わせ。

午後から南部東部対策特別委員会。
吉野高校の校舎活用で森林技術センターと、フォレストアカデミー、文化交流センターが入ることの説明がありました。先日学校訪問の時に木材博物館があり、貴重な展示物に驚いた、もっと多くの人に知らせて見てもらえないか。
現在高校の施設のため希望があれば高校に連絡して対応してもらうことができるとのこと。
今後複合施設になった時にどうするか検討したい。

野迫川にツキノワグマが出たが絶滅危惧種と人間に危害の恐れの時はどうするのか?
今回は4年前に学習放出した個体で危害の恐れがあり安楽死させた。計画がありそれに沿っていきたい。
モンキードックについても効果が出ていると聞いている県として普及の支援を考えてほしい。

高原トンネルの安全対策、国の調査結果では想定しているすべり面より深いところが揺れが大きい。観測を継続して滑ったら大変なのできちんと対策を立ててほしい。

デザインキャンプは改めて海外のデザイナーさんの視点を通じて、奈良の木肌を大理石に見立てて行ったデザインの壁や床など新たな可能性の再発見ができた。今後点から面に広げていくようにしてほしい。

生活相談 鉄道の乗り継ぎに関して 天王寺駅の時刻表について
広陵町から香芝に出る道路の草刈りについて




posted by みっちゃん at 23:27| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp